お盆 送り火 いつ。 迎え火・送り火の日にちはいつ?やり方や意味についても解説します!|DMMのお坊さん

いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

⚔ お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。 精霊流しは、昔は川や海にお供え物を各家庭でそのまま流していたそうですが、今では環境のこともあり自治体、もしくはどこかの団体がお供え物を流すという活動をしてくださっています。

8
お花 毒のある花など一部不適当なものを除いて特に決まりはない• ですので、13日の夕刻までに盆棚等のお盆飾りを飾り付けるのでも良いですし、12日にお盆飾りを飾り始めても問題ありません。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

😩 例えば、普通のお盆では模様の入ったを飾るのに対し、新盆では 絵柄の無い白提灯を飾り、僧侶や近親者を招いて初盆法要を営みます。

1
お盆には何をするの? お盆の前の準備は? お盆は地域によってさまざまな風習がありますが、一般的な例を紹介します。 また、この時期、車で盆義理に向かう人々が多く、渋滞が起こることもあるそうで、「盆義理渋滞」と呼ばれています。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

😩 朝がいいのか?• ただし、例外もあって、沖縄なんかでは今でも、 旧暦の7月13日~16日に行われています。 そのため家の方法が違う場合もあるので、ご心配なさらないようにお願いします。 お盆の「迎え火」と「送り火」というと、特別なことに感じますが、それは今までなかなか関わることがなかったからというだけで、自分が関わるようになると自然と耳に入ってくるようになります。

13
迎え盆のお墓参りでご先祖様をお迎え お盆にはお墓参りをするものですが、そのお墓参りをする理由にはご先祖様の霊をお呼びするという考えなどがあります。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

⚔ ここでは、一般的なお盆の習わしを紹介します。 夕方になり暗くなってきたら、送り火を焚いてご先祖様の霊を送ります。 送り火とは、ご先祖様がこの世からあの世へ迷わずに帰ることを願い、焚く火のことです。

18
お盆は旧暦では7月13~16日まで、現代の暦では8月13~16日までとされています。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

✊ 明治になって一カ月ほど月のずれが出たため、新暦で7月15日に・8月15日にお盆を行うようになります。

2
お盆の送り火のやり方 送り火の焚き方についてや地域や各家庭の受付継がれている風習によって、違いがありますが、ここでは 一般的な送り日の焚き方をご紹介します。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

🖖 [お盆に行われること] ・お墓の掃除 ・お墓参り。 有名なところでは広島県の灯篭流し等が有名ですね。

7
なお、親せきや縁者から盆提灯やお香典、供物などを贈られることもありますが、お返しは必要ありません。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

👐 それが 「五山の送り火」と呼ばれる由来になっているようです。 ここまでが、盆の入りまでにしておく準備となります。

13
時間は絶対にこの時間中に行わないといけないという決まりはありません。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

🐲 その一例をご紹介します。

盆入りには、御位牌を仏壇から盆棚へと移し、そのほか御供物・御霊膳・お花、水の子・ナスときゅうりの牛馬を供えます。
いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火 いつ お盆 送り火

🍀 この日を境にお盆入りと考え、準備をしていきます。

9