モンハンアイスボーン導きの地レベル。 【MHWアイスボーン】導きの地のレベル上げ方法

モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

😂 不屈発動は機関竜弾がおすすめ 不屈発動は、爆弾設置や「」で行うより「赤龍ノ撃ツ砲・迫撃」の機関竜弾で発動させる方法が楽に素早く発動させられます。

16
加えてレア12のカスタム枠拡張に必須かつ、素材集めに便利な溶岩地帯も上げることが理想。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

🤐 またソロプレイでも地帯Lvの上昇率が向上したので、地帯Lvのセルフ減少と組み合わせる事で、地帯レベル7にしやすくなりました。 マカ錬金による交換が不可能なのは、古龍・金レイア・銀レウス・バゼル・ジョー・ラージャン・ティガ亜種・ジンオウガ亜種の歴戦素材は交換できないので、 登場したら最優先でストックしておきましょう。

導きの地の独自の仕様として、 『地帯レベル』『解析度』というものが存在します。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

❤ 採取だけでも大丈夫です。 この記事では、 導きの地でレベルを上げるのにオススメの地帯 を紹介しています。 関連リンク 導きの地関連 導きの地の関連記事 散弾ハメの装備とやり方. ただしレベルを固定していると実行できず、 同機能で上げることはできないため注意。

9
「導きの地って何?」「何をしたらいいの?」という方に向けてご紹介していきたいと思います。 詳細は画像及び公式サイトをご覧ください。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

⚡ そのため特定の地帯レベルを上げたい場合は、その地帯に所属しているモンスターを狩り続けよう。 導きの地の全地帯Lv7は可能だった! 【導きの地】 全地帯レベル7になりました! 本当に全地帯上げれるか 出来る保証はなかったけど 1ヶ月間ついてきてくれた みちびち支部メンバー お忙しい中お手伝いしてくれた 睡眠は甘えメンバー ツイート募集で参加してくれた 色んな方々に感謝です! — そーか@睡眠は甘え ohutoonmoko TwitterやYouTubeでは既に、導きの地の全地帯Lv7の達成者が出現しています。 もし、歴戦金レイア素材が足りなくなったら、フレンドにお願いして連れていってもらうという手もありますね。

導きの地の歴戦古龍素材は、出現地帯をLv7にしなければ入手できないため、地帯レベルは欲しい素材に合わせて3箇所をLv7にするようにしましょう。 1 全てメンバーで調節したため7の余剰分等考えても間違いなし 狩猟数に比例していると考えていい。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

👐 その為、クエストを受注せずに直接導きの地へ向かってOKです。

15
おすすめは溶岩・氷雪地帯をレベル7固定にする まず筆者がおすすめする地帯のレベル上げ方は、最終的に 溶岩・氷雪地帯を レベル7にする方法です。 鉱石と骨塚の採取ポイントは毎回ランダムでマップ上に表示されませんが、 レベルが上昇すれば採掘ポイントの見た目が大きくなるので発見しやすくなります。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

😆 その場合。

2
は、主にストーリークリア後に解放される 『マスターランク武具のカスタム強化』として使用出来ます。 この方法はソロよりもマルチプレイで行なうと効率がいいです。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

🤐 この地帯レベルには一種の経験値のようなものが存在し、• 採取メインで導きの地を探索する際は、必ず発動させること。 おすすめのレベル上げ順番 ソロ 導きの地の素材は、後述するマカ錬金で、 別のモンスター素材を使って、ある程度は交換できます。 しかし、 マカ錬金の交換リストに載せるには、一度素材を入手する必要があります。

12
おびき出しなどを使って、何回も罠を大量に当てれば、短時間で、地帯レベル7までいけると思います。
モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル モンハンアイスボーン導きの地レベル

☮ 効率では罠戦法に劣るが、MR上げや素材集めを並行できる。 イガグリはガンキンで解析回数を稼ぎ狩猟数がかなり少ない為、あまり最大値が上がっていない。

解析を進めるには同種族のモンスターの部位破壊をするか、特殊痕跡を入手する事で解析が進む。